不快感で満ち溢れている

テキトウなことほざいてます。

プライドとかエゴとか捨てちゃえば楽なのに

 

ここ一番のとき、今まで「自分ならできる!」とか「私なら大丈夫!」みたいな呪い言葉を何回も唱えて挑んでいたけど、そういえばその言葉一つで上手く行った試しは一回もない。

結局そういう言葉ってただの麻酔でしかないんだ。

真に受けて何回も何回も唱えていると「私はできる人」というプライドが出来てしまう。

本当は「できない」ことだって分かってるのに、見ようともしなくなる。

いつか人から「できない」と指摘されたときに恥ずかしくなってやる気も消える。

結局、自分が逃げた結果でしかないのにね。

プライドとかエゴとか捨てて「一生下積み」の心を持とうと思う。

どんなに人に自分のことを蔑まれても傷ついて落ち込まなくてすむ。

自分ができないこともポジティブに受け入れることができる。

でも何か言われてもできないことがあっても「なにくそ」と思って挑む力は忘れちゃいかん。

真の「下積み」はそういう熱から化けると思うからね。