不快感で満ち溢れている

フィクションかもしれません

カラダを解放した夜

2週間前から不眠症に悩まされていた私は、病院の先生に「身体にエネルギーが溜まっているからでは」と思わぬ診断を受けました。確かに、終始動いていないと居心地悪く感じていた私が、最近は家から出るのも珍しいほど、ゆったりした生活を送っていたような気がします。そこで内側に有り余ったエネルギーを発散するため、半日、ちょっとした旅に出ることにしました。
その旅は金曜夕方のジムから始まりました。久しぶりに筋肉の隅々まで意識し、最初はきつかったのですが、次第に高校以来閉まっていたスポ根魂に火がつき、気付けば5時間身体を動かし続けていました。夜風に当たりながらストレッチをしていると、急に視界がハッキリと澄んで、ビルの明かりがギラギラと眩しく見えたのを覚えています。備え付けの岩盤浴で更に汗を流し、ジムを出た時には完全に身体が違うものへと変わった感覚がしました。
その名の通り、身体が「覚醒」した私は、軽くなった足取りで好きなアーティストが出演するライブへ向かいました。1人で行ったので後方からこっそり音に揺られるつもりでしたが、身体をもっと使いたい、という欲に負け、気付けばスピーカーの目の前に居ました。エレクトロの重圧が骨や内臓の奥を震わせ、自分の身体の存在を実感できたことにものすごく興奮しました。ビートに合わせて激しくぶつかってくる他人のジメジメとした身体が心地よく感じたほどです。
この高揚感を引きずったまま家に帰るのも惜しくなり、その後は思いつきで近くのクラブへ向かいました。不気味なハウスミュージックが流れ、人の残像しか分からないほど濃いスモークと、何色もの過剰なレーザーが、私の感覚を完全にトリップさせました。スーツ姿の女性がヒールを投げ捨て、両手を広げ、天を仰ぐように踊っていたり、ドレッドヘアーの男性が異常な身体の動かし方をしていたり、それまで見た事の無い鮮烈な光景にきっと私の顔はニヤニヤしていたのだと思います。近くに居た外国人が私を見て「ダンス!」と叫び、彼に引っ張られ私は身真似で踊り始めました。混沌としたあの空気の一部になったことに快感を覚え、次第に彼の存在も忘れてしまうほど踊り狂ってしまいました。
朝5時の渋谷は朝まで飲んで、くたびれた人たちで溢れていましたが、私は初夏の太陽の日差しを愛おしく思うほど、身体の底からみなぎってくる清々しさを味わいました。帰宅すると久しぶりに布団でゆっくり深く眠ることもできました。今でもあの夜は本当にあったのかと、まるで幻覚のような半日でしたが、詰まっていたカラダのネジを外し、新しく身体を組み立て直すことができた夜に、生きる嬉しさを噛みしめることができたのです。