愛はどこだね

フィクションかもしれません

なかよくしましょう

わたしたちは、わたしたちは、なにも望んでいないのです。永遠などいらないのです。今はそんなものを語る資格がないのです。それより明日、明後日を生き抜く、きらめきが必要なのです。

必死に隠しています。気持ちをさらけ出しても、己の空白は人様で埋められませんから、かんたんに言葉にしようと思いません。ときに空気と話しているような、虚しさを覚えます。本当はもっと憎しみあいたい、貪るように噛みつきあいたい。だけど、しません。そんなことしたって明日、明後日が暗くなるだけですから。だます余裕とだまされる優しさを持ち寄って、つまらない自我を隠すのです。

仲良くしましょう。新しいことはいりません。わたしはもう、壊したくないのです。いつかフと来る終わりを待って、今はあなたと、笑っていたいのです。だから、あなたもつまらないわがままは隠して、わたしを騙し、わたしに踊らされていてください。お互い、これ以上のことは、もう望んでいないのですから。